いまや、ツイッターやフェイスブックの登録率は高く、 会話の中でも当たり前のようにこれらの単語が飛び交います。アンパンマンケーキ 注文

「フェイスブック疲れ」や「ツイッター疲れ」といったような、一部ではネガティブなニュースや 意見を聞くこともありますが、まだまだこの二つのSNSの持つ力は大きいようです。ホワイトヴェール

特に、ツイッターに関していうと、主な機能は「つぶやき」であり、 自分の日常の何気ないつぶやきや友人のつぶやき、好きな芸能人のつぶやきをみて楽しむのがメインだと思いますが、 意外と「情報面」でも侮れない部分があります。

例えば、各鉄道会社が持っている路線情報のアカウントをフォローすると、 電車の遅延や走行情報などを、リアルタイムで知ることが出来ますし、 ニュース速報のアカウントなどは、場合によってはTVニュースより早く情報がツイートされていたりします。

大きなニュースや、世間の関心の多いニュースなどは、フォロワーがリツイートすることが多いので、 情報も耳に入りやすいです。

単なるつぶやきだけではなく、このような情報収集にも有効なSNSだと思います。